nichinichi

nichinichiからのお知らせです。

Frohe Weihnachten!  

あっという間に12月。
ドイツでは、どんなに小さな町にもクリスマス市が立ちます。
町の大通りはイルミネーションで彩られ、個人的にはドイツで一番楽しい季節です。

せっかくなので、少し遠出してフランクフルトの大きなクリスマス市へ行ってきました。

RIMG3154b.jpg

RIMG3152b.jpg

RIMG3142b.jpg

旧市街の広場を中心に、大きなクリスマス市が出ています。
観光客も多く、各国語が飛び交っていました。(もちろん日本語も)
どのストールも屋根の飾りが凝っていて、見ていて飽きません。
フランクフルトに向かう車窓から見える住宅地では、
どのお家も 窓や玄関・庭を飾り付けていました。
みんながクリスマスを楽しみにしている雰囲気が街のそこかしこから伝わってきて
なんだか とても楽しい12月のドイツです。
他にも、インスタグラムに写真を載せています。
宜しければご覧くださいませ。
それでは皆様、素敵なクリスマスをお過ごしくださいね。
Frohe Weihnachten!

category: ドイツ暮らし

tb: --   cm: 0

古城の旅  

ドイツと言えば古城…
憧れの古城ホテルに行ってきました。

R0011356b.jpg
ひたすらケモノ道を登ったお山の上に、古城はあります。
大きいー

R0011415b.jpg
荷物を預けて、ライン川のクルーズ船に乗りました。
思いつきで短距離の乗船でしたが、それでも楽しかった!
左のお山の上の古城が、泊ったお城です。

R0011538b.jpg
ライン河岸には、こんな感じの古城が たっくさんあります。
残念ながら崩れてしまっているものや、人の手が入って綺麗なもの
ホテルや施設になっているもの…様々な古城を見る事が出来ます。

R0011454b.jpg
こちらは、ラインの中州にポッカリ浮かぶお城です。
中世の時代、ラインを航行する船から通行税を徴収する目的でつくられたのだとか。

R0011474b.jpg
ライン河岸で古城より多いもの、それは葡萄畑!
整然と斜面に続く葡萄畑は圧巻です。
白ワインを呑みつつ眺めました。

R0011366b.jpg
クルーズを堪能して、ホテルへ戻ります。
内装は、城そのままの間取りになっているので
本当に中世の時代に迷い込んだよう。
実際、何度もホテル内で迷いました…
城だけあって、わざと分かりにくいように造られていて
どこも同じに見えるんです。
お城といっても、ロマンティックなそれではなく 中世の堅牢なもの。
城壁のつくりやなんかも、映画さながらで
ここから敵を見張ったのかなーとか、弓矢を射る窓だなーとか
とても興味深かったです。

R0011566b.jpg
嬉しい事に部屋にはバルコン付きで…

R0011570b.jpg
ラインを眺められました。壮観!

…とまぁ、とにかく素晴らしい旅になりました。
人生初の☆☆☆☆四ツ星ホテルだったので、もう浮かれっぱなし。
いつも海外では安宿か安いアパルトマン滞在なので…
ちょっとしたセレブ気分を楽しみました。
(完全にエセレブですが)
ただ、カメラの充電器を忘れるという大失態をしでかして
写真があまり撮れなかったのが心残り…
美味しい夕食や可愛い内装などは携帯で撮ったので、ツイッターに載せています。
今回はツイッターの方がレポが詳しいので、そちらもご覧になってみて下さい。
(私の浮かれっぷりに興醒めすること必至ですが、宜しければ…)



category: ドイツ暮らし

tb: --   cm: 0

音楽祭へ  

ヨーロッパはクラシックの本場。
あちこちの街で、いろんな季節に音楽祭が。
いま住んでいる街の近くのお城でも、初夏の音学祭があります。
ちょうど日本から来客があったので、歌曲を観に行ってきました。

R0011270b.jpg
戦火による再建ですが、バロック様式のお城です。
白い壁にシャンデリアが映える、明るい空間。
長い回廊が受け付けになっていました。
普段は入れないエリアに入れるのが嬉しい。

R0011285b.jpg
お城の中にある小さめのホールが会場。
ホール外側は綺麗なグレー一色のモダンな内装。すごく好みの色!

R0011279b.jpg
ホールの中は 一転して、豪華なロココ様式!
装飾が細かくて、すごく素敵!

R0011294b.jpg
お安い席だったので、見晴らしが良かったです。
(肝心の舞台はあんまり見えませんでしたが…)
バルコンの壁?の高さが低いので、うっかりすると転がり落ちそう。
ほろ酔いのおじいさんがよろめいた時は、本当にヒヤっとしました。

肝心の演目は、フランスの歌曲。
前衛の曲もあったので、それは私には難解でしたが
ラベルとドビュッシーは楽しめました。
人生で初めてクラシックを聴きに行きましたが、ちょっとはまりそうです。
普段は履かないヒールを履いて、お洒落をするのが楽しい!
こないだパリで買ったrepettoが大活躍。
アクセサリは、自作の(nichinichiの)アンティークガラスパールのネックレス・ピアス。
古い建物の装飾もじっくり見られるし…
…なんだかんだで 音楽以外の楽しみの方が多い気がしますが、
まぁ それも楽しみ方の一つということで。

category: ドイツ暮らし

tb: --   cm: 0

Ostern  

ドイツの街は、Ostern:イースター(復活祭)一色です。
どこのお店のウィンドウも、うさぎと卵の飾り付け。
お菓子屋さんには、うさぎと卵の形のショコラ…
どこもかしこもOstern!

写真 (26)
うさぎの瓶に入った、たまご酒がズラリ。

写真 (24)
イースターには関係ないですが、春の味覚 白アスパラガス。
野菜にしては高級品ですが、旬物なので人気です。
オランデーズソースで頂きました。とってもジューシーで美味。

写真 (23)
街には「イースター市」も出ていて、オーナメントやお菓子など
色んなお店が並んでいます。
そんな中、特に気に入ったのが豚毛のブラシ屋さん。
用途が細かく分かれていて、かゆい所に手が届く品揃え。
細長い瓶の底まで洗えるブラシとか、
蛇口の裏側を掃除するブラシなど買いました。
まだまだ欲しいのがあるので、期間中に再訪予定。
家族で営んでいる小さいブラシ屋さんのようで、ますます素敵!
昔ながらの素朴な道具…やっぱり すごく魅力的です。

+twitterにて、ぽつぽつ呟いております。
宜しければ そちらもご覧下さいませ。

category: ドイツ暮らし

tb: --   cm: 0

春のワイン祭りへ  

着いて早々ですが、タイミングの良い事に
この週末に近くの街で「春のワイン祭り」が開催されると聞きつけて
それは行かねば!と、出掛けてきました。

写真 (17)
今日は初夏の陽気で、散策が気持ちよかったです。
山の斜面は一面が葡萄畑。(写真手前のチクチク生えてる木が葡萄の苗です)
道々にアーモンドの木の美しい花が満開で、本当に素敵な景色。

写真 (18)
アーモンドの木と花、初見だったので最初は桜かと思いましたが
良く見るとアーモンドが木に生っていて、地面にもゴロゴロ転がっていました。

写真 (19)
この辺りはワインの産地として有名で、主に白ワインだそう。
Sekt(ドイツの発泡白ワイン)だけでも葡萄の種類や年の違いで十数種類…
料理も色々なスタンドが出ていて迷いましたが、
‘ビーフの白アスパラガス・西洋ワサビのソース’を。
この白アスパラガスのソースが最高でした。やはり旬のものは良いですね。
ワインも美味しい、陽気も良し、景色は圧巻、
嗚呼まさしく美しい週末!
到着早々、良い休暇となりました。

ドイツ料理には、実はあまり良い印象を持ってませんでしたが
美味しいものがいっぱいです。
近所にマルシェも立つので、旬のお野菜や果物も手に入ります。
蚤の市も早速偵察してきましたが、可愛いものが沢山。
ドイツの食と古物、もっと掘り下げなくては!
…とまぁ、そんな毎日です。
アパートの机が思いのほか大きいものだったので
制作も捗りそう。
一年間のドイツ暮らし、楽しみたいと思います!

category: ドイツ暮らし

tb: --   cm: 0